藏尾ポーク 読み方

「藏尾ポーク」ってどうやって読むの?

 

藏尾ポーク」は銘柄ポーク好感度コンテストで最優秀賞を受賞した実績を持つ、極上ランクの豚肉です。

 

通称「バームクーヘン豚」と呼ばれ、極上ランクの豚肉は環境・肥料・製造全てにこだわった商品です。

 

ところで、「藏尾ポーク」ってなんて読むのかわかりますか?

 

お恥ずかしながら、私にはわかりませんでした。

 

そこで、今回は「藏尾ポーク」の読み方について調査しました。

 

「藏尾ポーク」の読み方について調査した結果・・・

 

 

「藏尾ポーク」で読めない部分って「藏」の感じですよね?

 

この漢字は「」の感じの旧字体なので、読み方は「くら」になります。

 

よって、読み方は「くらおポーク」でした。

 

「藏尾」というのは、代表者の苗字でしたので、藏尾さんが作った豚肉という事でした。

 

藏尾ポークは、別名「バームクーヘン豚」とも呼ばれています。

 

その理由は豚のエサにバームクーヘンを使っているということでした。

 

 

バームクーヘンの切れ端や、少し焼きすぎてしまった部分、崩れてしまった部分は、毎日相当な量で出てくるので、その部分をエサにしているそうです。

 

美味しい豚肉を作るには、どんな餌を、どの時期に与えるかということが要になってきます。

 

藏尾ポークではバームクーヘンなどの小麦を中心とした食材を、独自に配合し、飼料として使用しています。

 

それによりおいしい豚肉が出来ているわけですね。

 

清潔で整った環境で育てられた藏尾ポークには、霜降りが入っているそうです。

 

高級感があり、贈答用・ご自宅用としてとても人気になっています。

 

幻の最高級銘柄豚と言われ、ひと味違う本格的なハム・ベーコン・ソーセージですので、ぜひ食べてみてください。

 

>>>藏尾ポークの公式サイトで詳細を確認する

 

藏尾ポーク口コミ

 

 

テレビで見て気になったので、購入しました。

 

そのままでもおいしいですし、焼いてもおいしかったです。

 

ワインがよく合いました。


 

 

通販で毎月ハムを頼んでいます。

 

子供がとても大好きなので、これを出しておけばごはんが満足します。

 

誕生日には少し高い肉も頼んでみようと思います。


 

 

仕事でのお得意様にギフトとして使わせて頂いたのですがとても美味しかったようで、すごく喜ばれました。

 

ここまで反響が大きかった贈り物は今までありませんでしたので、今後も使わせて頂こうと思います。


 

「藏尾ポーク」は極上ランクの豚肉で、贈答用・ご自宅用としてとても人気が高い商品です。

 

贈り物としては喜ばれること間違いなしです。

 

>>>藏尾ポークの公式サイトで詳細を確認する